2018年4月20日金曜日

新刊のあとがきにかえて

こんにちは。ここあです。
泣きながら発行したイラスト集から四か月。
またもべそをかきながら新刊をかき下ろしました。
新刊は『〈黒獅子物語1〉怒れる獅子の旅立ち(以下黒獅子』です。
文庫サイズ、436ページかきおろし、カバー・しおり付き。
イベント頒布価格1800円。
5月5日COMITIA124【け06b】
5月6日文学フリマ東京【イ-58】
5月20日関西コミティア52【N-60】
(※【】内はスペース番号です)
以上のイベントで手売りを予定しております。よろしくお願いします。

今回、黒獅子1には私、黒井ここあという人間についてを紙面にのせたくなくて、
今回はあとがきを書かず、載せませんでした。本の中には物語だけで、清々しいです。
ですが、入稿を終えてみると、少し感慨に耽りたい気持ちもむくむくしてきました。
書きたい人が書く、読みたい人が読む。
そういう気楽なツールとして、ブログを「要らない紙」みたいな
気楽な筆記用具として使うことにしました。
小説のあとがきがお好きな方は、どうぞ最後までお付き合いください。

2013年から書き溜め、2014年からネットに放出、
それからいじったりいじらなかったりを繰り返してきた小説です。
小説とは言えないなあ、と今は思います。シナリオでした。
元々は、オリジナルRPGを製作して遊ぶつもりで書いていたので、
展開がさっくり、やりとりもさっくり。
普通にどこにでもあるラノベでした。
幻想文学とか言える立場じゃなかった。赤っ恥。

RPGにしたかった手前、音楽も作りたいし、
音楽のリリースと合わせて新展開を見せたいし。
などと砂時計のようにくるくる、本末転倒を繰り返し、
なあなあのままにしてきました。

逃げるように、新しいお話を書いていたようです。
いつかもどってこられる看板作品がある、というのは
なんだかんだ言い合っても結局は愛してくれる親がいる
というのに似た感覚だったのかもしれません。

新しく作品を執筆し、取りまとめていく間にも、
いつも黒獅子のことを思いました。
枕頭に置いたのは、何物でもなく資料研究ノートです。
何度も何度も、同じシーンについて考えていました。
この堂々巡りは、終わらない悪夢でした。

メビウスから抜け出せることに気づいたのは、
『純白の抒情詩(上下・2016、以下リューリカ)』を刊行してからでした。
リューリカこそ、クライマックスを書きたくて、
または書きたくなくて、ずうっと手元で温めていたものです。
このクライマックスとは、主人公アルフレッドが、囚われのヒロイン・リュリを
助けに王城へ単身乗り込むというシーンです。
第四章で最も、主人公の心が裸になる大切なシーン。
わたしは、この直前で筆をおいてました。
このままでは、永遠にアルフレッドはリュリと出会えないのです。
しかし、著者の頭の中では、何通りも、何十通りも、
何百回と彼らは感動の再会を果たしています。
妄想するだけで、文字には起こしていませんでした。
今思えば、当時の私は、物語のエンディングを確定したくなかったのです。
『探偵王子とフォルトゥーネ(2017、以下フォルトゥーネ)』の第一章で
主人公の探偵パーシィが、事件の真相に迫る言葉があります。
「乙女が永遠に恋し続ける物語に、ピリオドを打ちたいだろうか」
これは、未来の私が過去の私を戒めるような、確信を突いたセリフとなりました。

想像力の豊かな人は、「もしも」遊びが大好きです。
それはとても素晴らしいことで、対人に使うことができれば
「おもいやり」そのものになります。
ですが、物書きとしては、酷い行為になるでしょう。
読者に対してだけではありません。登場人物に対してです。
彼らの人生をまっとうさせてあげること、一番色濃い思い出を
取り出して鮮やかに描き切ること、それが物書きとしての責任ではないでしょうか。

リューリカを書き終えて、刊行して。
私の枕元に、アルフレッドも、リュリも、
ジークフリートも、ロゼも立たなくなりました。
彼らは、彼らの一番の思い出を胸に、物語のかなた――未来へと歩き去りました。
その代わりに、ヒロインの一人・少女騎士ミラーが、私の枕元に来るようになりました。
彼女は、私が筆をおいたところから少し進んだ部分、クライマックスの場面を
怒りもせず、泣きもせず、ただただ何テイクも何テイクもやらされるのです。
悪夢は、違う悪夢になりました。
それは主人公グレイも同じでした。
彼は、彼が一番傷つくシーンを、何べんも何べんも演じます。
何度撮影しても、何度よい演技をしても、脚本がころころかわるために
ずっと終わらないクランクのようです。
そんなことを、ずっと脳内で続けるのは不毛でした。

自分のけじめとして、小説版を刊行しようと決めました。
デザインも一新、シナリオに深くかかわらない身体的特徴を変更しました。
黒獅子を一番脂ののった形で刊行したいという夢から、
小説を書く、すなわち、ピリオドを打つ訓練も、リューリカとフォルトゥーネ、
そして『魔女の煌めき屋(2017)』で少しは積んできました。
たったみっつのピリオドですが、ないのとあるのとは、全然違います。
歴史のこともPeriodといいます。
私の作家としての歴史が、本棚にある。並んでいる。
しかも自分の本棚だけでなく、ファンの方の本棚にも刺さっている。
こんなに嬉しい自己実現があるでしょうか。

黒獅子物語は、私にとってかけがえのない存在です。
物語を紡ぐ喜びを思い出させてくれたもの。
物語を分かち合う喜びをくれたもの。
常闇と常昼の国で私を慰めてくれたもの。
私と誰かを繋いでくれたもの。
そして、私のこれからを占うもの。
小説版を最初から最後まで書けるのは、私しかいない。

『〈黒獅子物語1〉怒れる獅子の旅立ち』
とても大切な、看板作品を、この春リリースします。
全7巻予定。
グレイの冒険と戦いを、どうか見守ってください。

2018年1月28日日曜日

減塩

ちょっと、いえ、どうしてもお伝えしたい点があります。
ツイッターを整理いたしました。
面識のある方を中心に、ウェブ上のみでもかかわりがある方をフォローしている状況です。

そしてお気づきのことと思いますが、黒井ここあのツイッター、激しく塩対応になっています。
ヒマラヤピンクソルトのまろやかな味わいと封邪をかついでいるわけではありません。
水で清めたパワーストーンをのせてパワーを清めるお塩って食べていいの?
などという小さな疑問はさておき。

作品の制作をメインにすることで、みなさまに誠実であろうと思いました。
新刊を出すことが、私の誠意です。
特に、黒獅子物語については――とてもありがたいことに――何人もの方をお待たせしています。
「待っているよ」「楽しみにしています」の言葉に胡坐をかいてはいけない。
完成作品を提示できることが、私にとってとても大事なことだと、気持ちを改めました。
ウェブ版と文庫版は、違うものになります。
ウェブでのルートと、文庫のルートが途中で交わる可能性は高いです。
より洗練させていけたらと、試行錯誤しているところです。

隅から隅まで実力の150%を出し切って完成させたい、
簡単に言えば、痛々しい完璧主義者なのです。
ですから、交流を控えさせていただいています。
一方的な宣伝ばかりになっていますが、それでもよくしてくださる方が多く、
本当にいつも励まされております。ありがとうございます。

正直、とても寂しいです。
寂しくて、いじけてしまう日もあります。
本物のお友達同士のように軽いやり取りをする楽しさは、私もよく知っていますから。

ツイッターは本義ではSNSとは言えないもので、
解釈としてはウェブスクラップブックであると思います。
そして発信にも受信にも十人十色の自由がございます。
あなたとわたしの、使い方が違うのですね。
そう、ご理解いただけますと嬉しいです。

心苦しいですが、ぐっと、ぐっと。
応援してくださる方が一人でもいらっしゃるかぎり、私は頑張ります。

2018年の12分の1が終わるねって言われると焦る

あけましておめでとうございます。
昨年は大変お世話になりました。
今年も、黒井ここあとちょこれいつを
どうぞよろしくお願いいたします。

よし。
挨拶ができるかできないかは、大事ですからね。
では次に懺悔をしたいと思います。

秋の巡業でのあれやこれや、新刊のこととか
コミケ初申込にして初当選で初お誕生日席だとか
イラスト集を胃液まき散らかしながら描いたとか
30目前で夢かなったコミケへの熱い思いと寒い思いとか
文学フリマ京都でのうきうきるんるんルポだとか
メイドスキー戦隊の新しいプロジェクトとか
黒獅子物語のあれやこれやとか

そういうの全部、ご報告も感謝も申し上げずにすみませんでした。
ツイッターで済ますのはもう、やめにしようと思います。(BGM神田川)
鹿島神宮にいったよルポとかも本当は書きたかったんです。
今年は楽しい思い出を書き残していけたらいいなあと思います。
抱負というやつです。
そういえば、「やつ」っていうのはお下品なんですってね。
いかにいわば好ましけれ。
抱負というものです。
「というもの」の音を聞くと、やはり思い出すのはあのフレーズ。
「男のすなる日記といふものをすなり」
これよ。
紀貫之のたおやかなネカマっぷりは、時を超えても美しいですね。
生来のがさつさが透けて見えないよう、きちんとしたいものです。

2017年10月8日日曜日

2017秋の巡業、はじまってた

女心と秋の空に振り回されて、気分はまるで主人公。
ここあです。
正確に書くと、女性ホルモンと低気圧にぶんまわされて自律神経がメタメタにされています。モンモン。(・_・)漢方薬おいしいです。

さて、2017年秋の新刊が、じり貧ながら登場しました!

『魔女の煌めき屋』

文庫・118p・700円。
例によってカバーも
クリアしおりもついてます。
本当に面白いのか。誰かが読んでくれるのか。ただ話が流れるだけでなんにも面白くないんじゃないか。でも間にあわなかったらそれこそご期待に添えない。
などなど心と瞳にいろんなおつゆを漏らしながら、20日間で仕上げた一冊です。
これ、ダメ武勇伝だって、わかってるよ……。
こんなに資料を使わずに手癖だけで書いた本、ないよ。
そういうなあなあなことをして深みと説得力が出るわけない。
だからなのか?
超ライトなネットユーザーからは「読みやすい」と好評です。
わたくしの矜持からするとハイパー複雑な気持ちです。
エンタメか。そんなにエンタメ小説がいいのか。
私はもっとこう、イエイツとかロセッティとか、ああいう世界がいいのです。
図書館の隅っこで、見つけられまいと身を潜めている古いユリイカのような、そういうガッチガチの糖蜜ヌガーのような読みモノにしたいのです。
迷走している心持を打破するには、感想が必要だ。
あなたの感想を心よりお待ち申し上げます。

直接手に入れたい方は以下、参照ください。

10月9日 夢を紡ぐ創作の集い2(フレエドムさま委託
10月28日 Text Revolutions!(同上
11月5日 北海道COMITIA7
11月23日 COMITIA122

通販はメロンブックスさまより予約が開始しています! しゅごいよここまできたよぉ。
発売・店頭に並ぶのは11月23日からです。
それまでは直接ゲット、してもらえると嬉しいな☆
よろしくお願いします!

2017年7月22日土曜日

近況と進捗、これから

こんばんは、ここあです。
今後の活動予定をお知らせして生存報告とさせてください。

7月28日 黒獅子物語 最新話更新予定
     以降、毎月末狙いで最新話執筆、連載
8月11日 夏コミ1日目、『探偵王子とフォルトゥーネ』友人委託予定
8月20日 COMITIA121、同上
8月28日 受注限定『女王と妖精のアクリルジオラマ』発送予定
9月18日 文学フリマ大阪、直接参加、D-09
9月19日 秋の新刊『煌めき屋の魔女』入稿締切
10月1日 関西コミティア51、直接参加
10月28日 テキレボ、友人委託予定
11月5日 北海道COMITIA7、直接参加予定
11月23日 COMITIA122、直接参加予定
年末 冬コミ、受かれば出る予定

イラストレーション、文筆のご依頼は「10月以降の作業、11月の納品」より受付が可能です。
ご相談ください。

2017年6月15日木曜日

春のイベント・総まとめ+北ティア委託

ブログではご無沙汰しております。どこにでもいるHNをあえてチョイスしたために、エゴサがほとんど難しいここあです。
つい最近梅雨入りの鬨の声を聞いたはず、でもその翌日にはカラッと晴れて拍子抜けでございます。
こんなさわやかな夏を過ごせるなんて、ありがたいのです。
でも、降水量が減って、農家さんはきっと気をもんでいるに違いないのです。
どっこいどっこい。

さて、やかましくしておりました、春の巡業が終わりを迎えそうです。
ながかったなー。ながかったですねー。

先に宣伝、ばばーんとな。

☆北海道COMITIA6に本部委託参加いたします☆

とき   6月25日(日) 11:00~15:00
ばしょ  ホテルさっぽろ芸文館3階ロイヤルホール・玉葉の間
すぺーす ちょこれいつ【Z-16】

物品はもちろん、春の新刊『探偵王子とフォルトゥーネ』です!
サークルカットはこちら。

異彩を放つ一冊、そいつが新刊だ、受け取れぇー!
北の大地は故郷ですし、ティアデビューのホームグラウンドでもありますし。
離れて一年以上たつのに、ご支持とご期待をいただけているのは大変光栄です!
直接お礼を言いに、秋は直接狙いたいんですよねー。さらり。
と、言う感じで、北海道の皆さん! よろしくお願いいたします!

以下、いつもの調子です。
春の新刊『探偵王子とフォルトゥーネ』、皆様の応援を頂戴し、無事に発刊・頒布をすることができました。ありがとうございます。
一冊完結とはいえ長編。にもかかわらず、早々にご感想をいただいた皆様のお言葉をご紹介させてください。
「伏線をすべて回収していくクライマックスの加速度が見事」
「探偵紳士パーシィの青々しい心にきゅんときた」
「魔法少年セシルのまっすぐな純情がかわいい」
「物語を彩る音楽に、魅了される」
「リアちゃんうちにきて」
などなど、物語にどっぷりつかっていただけたようで、本当に嬉しいです。
みなさまに共通しているのは、
「続きはどうなるんだろう?(こうなるのかな?ああなったらいいな)」と、バディの歩むだろう未来、新しい夢を生き生きと想像、あるいは続きとして望まれているということでした。
さて、どうなるでしょうね!(大きく振りかぶった
二人の新しい夢が何になるか、私も気になるところではあります。
でもまずは、長いサマーバケーションが両腕を広げて、彼らを待ってくれています。
モルフェシアは内陸ですから、もしかしたら、海のあるセシルの故郷・コルシェンでゆっくり過ごしているのかもしれません。

物語の仕組み上、全てが問いかけで全てが答えを示唆しています。
『フォルトゥーネ』は夏の入口でエンディングを迎えます。
ぜひ今の時期に、さわやかな風を感じながら読み終えていただきたいです!

『探偵王子とフォルトゥーネ』通販ページ
https://961cocoanna.booth.pm/items/495807

クロネコヤマトさん提携によるBOOTHあんしんパックを導入しましたので、匿名配送が可能です。これまでと送料が変わっておりますので、ご注意ください。また、『しょっぷ・ざ・ちょこれいつ』の全商品をお求めいただく場合には、ネコポスでは入りきりません。事前にご連絡いただき、お客様用のセットをおつくりいたします。
お気軽にお問い合わせください。

実店舗では、COMIC ZIN様に委託しております。
http://shop.comiczin.jp/products/detail.php?product_id=32121

サークルカードをお持ちの方や都内の方は、ぜひご覧ください。


それでは、私のことをダラダラと振り返りますね。
「先行版だしたらいいんじゃね?」と軽い気持ちで11月からちょいちょいいじっていたはずが、飛行機が飛ばなかったり、体調がずどーん落ち込んだり、なんだかんだ時間にお尻をぺんぺんされながらの執筆デイズでございました。

そう、それで京都! 文学フリマ京都で、『純白の抒情詩』がほぼ全ハケという嬉しくもあわてる状況になりました。在庫が、なくなっちゃたんです……。スペースに並べる旧作がないというのは、とても心細く感じられました。

それで大量に、3年運用できるぐらいに刷ったら、それはそれで重たくてですね。
搬入量間違った。絶対そう。
搬入量の半分が、どこでも余ったもの。
間違った。いや、逆に考えるんだ。買えなかった人はいなかった、と。
いやしかしだね、安心して書店委託やイベント委託に回せて、自宅分の自家通販にも対応できて、気持ちが急かない。これはこれで……。

春の巡業は、連合サークルが2つもふえて大所帯、4サークル連合でございました。
安心感半端ない部分もありつつ、ジャンルが喧嘩している側面も見受けられ、仲間は仲間としてジャンル移動、イベント移動も検討、という打ち上げになりました@アンミラ。
皆様には大変お世話になり、みんなの欲望しかつまってないメイドさんアンソロジーも完売し、言うことなしの協力体制だったかと思います。
……わたしなにもしてない……。
いつもお世話になっております、今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

また、各イベントでは心のこもった差し入れを頂戴し、ありがとうございました!
どれもおいしく頂きました!
現在何をやってるか、何を進めてるか、というか次何出すのか、とかとか。
そういうのは、次の記事に回したいと思います。
ひとまずは、春は昔、色彩鮮やかな初夏をお過ごしくださいね!

2017年4月21日金曜日

新刊『フォルトゥーネ』の装丁紹介!

原稿の有無にかかわらず、お元気ですか。ここあです。
引っ越してきて初めて見た、真っ赤なランドセルの上に舞うさくらの花びらに感動してから一年。
それ、今年は見れなかったんですよ。締め切りに追われて。
悔やんでも悔やみきれないですわ……。

そんなわたくしですが、脱稿しました!
沢ガニがごとく、身じろぎできずにいたあの皮のなかの生活とはおさらば。今はゆうゆうと両手足をのばしてそこらへんで伸び切っております。知的生命体的にどうなの。

最近の告知ツイートで地味に反響をいただいたのが、こちら。

作家内でリツイートしていただき大変ありがたかったのです。
でも、作家じゃないと文字だけじゃよくわかんないしょ?
一目でわかるように、写真を交えてお届けします。
さ、これであなたも新刊がほしくなーる、ほしくなーる、ほしくなーる……。

1.文庫・フルカラーカバー・帯付き
 前作『純白の抒情詩』から引き続き、本体とカバー別、帯つきでのご提供です。
 帯のセリフ。表は魔法少年セシルのもの、裏はパーシィのものですね。

←製品版。382p。先行版。60p→

表4。提出見本誌では帯の上にシールが貼られちゃう。残念。
 2.怒涛の382p読み切り

 「どういうこっちゃね。そんなにすごくないんちゃう?」のお言葉にわたしの人差し指がメトロノームになる!
 ほら、これを御覧あそばせ!
『君主論』と『茨文字の魔法』はそれぞれ400p超えてます。
分厚っ!
 みっちりと物語世界に浸っていただける分(文章)量になっていると思います。
 本当は200pにおさえたかったんですけど、完結したからいいよね! でも大赤字!

3.巻頭にフルカラー口絵が2枚(トレペ+コート紙のしかけ絵

 「口絵二枚ってそんなのすごくないんちゃう?」(二回目
 いやいやいや。すごいことなんですって。トレペ印刷の予算を知らなくても、これ見たら心ときめくから。絶対めくりたくなるから。ハイッ!
画像クリックして拡大してみようね~。
す、透けてる……ッ!
 そりゃトレペだもん。じゃなくて。
 主人公の少年・セシルの前に現れる鏡の中の幼馴染リアがうっすらと現れるという、物語と同じ趣向を凝らしているんです。(一枚100円ぐらいした)
 すごかろう! 本物はもっとすごいわよ!
めくってみた。何度でもめくりたくなることうけあい。
イベントで一見さんから悲鳴が上がるのがこれから楽しみです。ふふふ。
 ここあを知るみなさんは、訳知り顔で「あっ、これですね」とスマートに買っていってくださいね! アドバンテージ!

4.フルカラーしおりが標準で挟み込み

 すごくないとは言わせないぞ! しおりはこれまで別売りだったのです。
 オフセット印刷にPP加工で汗かきさんにも安心の大き目しおり。
 前回は上下巻セット購入のノベルティでしたが、一冊にまとめましたので、もう中に挟み込んじゃいました。当日の手間を省いたとか言わない! でもお渡しそこねずにすむ安心感はすぎょい。
 絵柄は、セシルと彼のクラスメイトたち。
実はクラスメイトの顔が拝めるのはしおりだけっていうね。
5.地図・挿絵完備

 逆に問おう。どうして地図を描かないという選択があろうか。
 どこでも大好評を頂戴している、自作のアナログイラストをどかーんと公開です。
 あっちょっと本文読める、とか思っちゃいけませんよっ。
架空の大陸ジュビリアの真ん中あたりの地図。
ノドまでみっちり開いて楽しんでね!
挿絵はすべてアナログで製作。
地図を含めて7枚描きました。
以上でございます。
どうでしょ、本当に書店に並んでいるご本みたいでしょう?
それから、自分の手にとってひらいてみたいと思いませんか?
胃や財布や家計を圧迫しながらも、豪華な装丁にするのは、ひとえにこれが理由です。
モノの価値が問われる昨今、モノを所有することに人々の視線が厳しくなっております。
そのなかで手に取っていただくには、どうしたらいいか。
やはり所有欲と独占欲をくすぐるほか、ないのです。
本はたくさん刷られて流通し、あちこちで買うことができます。同じものがどこにでもあります。
けれども、それを買った瞬間から、その物語はあなただけのものになるのです。
手のひらのなか、あなたにページをめくられてはじめて、物語は再生されます。
場所と時間は問われません。
作家も、書ききったあとからは何の干渉もいたしません。
読むという行為に耽るあなたと、物語のほかはそこにありません。
そういう時間やあこがれ、ときめきに心を焦がす夢を、「本を手にした瞬間」から魅せてあげなくてはいけないのです。
だから、わたしはだれにでもいえます。
「あなたの嬉しいのために、つくりました」と。
わたしの本があなたの宝物のひとつに加えてもらえたら、とっても嬉しいです。

と、いうところで、今回はこれにて。
直接ありがとうを言いたいので、イベントにはぜひお越しくださいね!